見積もりで解決!リフォームの値段と理想のプラン

予算オーバーしてしまったら?

リフォーム箇所を明確にして、
予算はこのくらいで行こう!と決めたけど、
いざ見積もりを取ってみたら大幅に予算を上回った。
なんて話は意外に多いのです。

 

 

また、工事中、土台が腐っていて
追加工事をしなければいけなくなったなど、
別途工事で追加料金が発生することもありますが、
そこはなかなか予測が難しいところなので、ここでは置いといて。
(追加工事に備えて、ある程度余裕をもって予算を組みましょう。)

 

 

リフォームのグレードやサイズを再考する。

 

 

予算オーバーをしてしまった場合、
もう一度見積もりを取って予算に近い数字にする必要がありますが、
何箇所もリフォームする場合など、
結局は妥協しなければいけないところが出てきます。

 

 

予算に対して希望が大きいということになりますからね。

 

 

そこで、「リフォーム箇所を明確に」のページで
「リフォームに優先度をつけておくことをオススメします。」
と書きましたが、優先度が低いものから見直せば
予算オーバーしてしまった場合でもスムーズに話ができると言うことです。

 

「グレードを落とす」

 

「工事範囲を狭くする(諦める)」

 

 

理想のリフォームからは遠ざかるかもしれませんが、
予算をオーバーしてしまった場合、仕方ありません。

 

 

どうしても全て譲ることができない、
絶対に必要なリフォームだ!と言う場合は、
ローンを組むなどの方法もありますので、
検討してみるのも良いかもしれません。

 

 

プロに相談!

 

 

リフォームの予算をオーバーしてしまった場合、
単純に商品のグレードを落とす、
値段の安いものに切り替えるのも一つの手ですが、

 

できるだけ理想に近づけるためにも、
プロに相談する、アドバイスを受けるのも
有効な手段
になります。

 

値引きをお願いするのではなく、アドバイスをもらう。

 

 

大まかな優先順位をつけていたとしても、
細かい工事内容はプロでないと分かりません。

例えば、
たくさんのものが収納できるシステムキッチンを第一に考えてたけど、
使えるスペースに棚を設置することによって
システムキッチンのグレードを落とし、コストダウンに成功した。

 

 

など、
優先順位の高いものでもコストダウンさせることが可能
な工事があります。

 

 

ですから、一括見積もりで全て予算をオーバーしていたとしても、
複数の会社にアドバイスをお願いするようにしましょう。

 

見積もりの値段が安い会社と言うだけでなく、
相談に乗ってくれるかどうかも選定の基準にしたいですね。


トップページ 失敗しないリフォームの方法 管理人プロフィール お問い合わせ