見積もりで解決!リフォームの値段と理想のプラン

値段の詳細を知るのは大事

リフォームをするにあたって、
最終的に業者の提示した金額に納得して
契約ということになるのは当たり前ですが、
その詳細を知るのも大事ですよということをお伝えします。

 

 

工事費は、直接工事費間接工事費で成り立っています。
直接工事費は建物を直接作る、作業する費用のことを言い、
間接工事費は建築物としては残らない、
工事をするために必要な費用などのことを言います。

 

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

 

直接工事費

 

 

施工に直接かかる費用のことを言い、

 

・労務費
 足場の設置や養生は「仮設工事」
 壁塗りや土間の工事は「左官工事」
 壁や天井の仕上げは「内装工事」など。

 

・材料費
 その名の通り、建設に必要な材料費。

 

・直接経費
 機械にかかる経費や、特許使用料など。

 

このように分類されます。

 

他に重機や土砂の運搬、廃材の処分費なども
直接工事費に含まれます。

 

 

間接工事費(共通費)

 

 

「直接工事費」があればもちろん、「間接工事費(共通費)」も存在します。
工事をする上で間接的に必要な費用のことを言いますが、

 

具体的には、

 

・現場管理費
 現場監督にかかる費用や損害保険料など。

 

・一般管理費
 工事を管理している会社へかかる費用など。

 

・共通管理費
 足場や管理事務所など、完成時には撤去される仮設物やその運搬に必要な費用。

 

これらの「諸経費」が該当します。

 

 

 

中には見積書をかなりまとめてしまって
全体的な値段しか分からない会社もあるようですので、
そういう場合は内訳を出してもらった方が良いですし、
分からない項目があったら納得のいくまで、
説明してもらうのが良いでしょう。

 


トップページ 失敗しないリフォームの方法 管理人プロフィール お問い合わせ