見積もりで解決!リフォームの値段と理想のプラン

フローリングの相場

 

フローリングのリフォームには、

 

・下地をそのままでフローリングを張り替える方法
・下地や土台も新しくする方法
・既存のフローリングに重ね張りをする方法

 

などがあります。

 

予算を抑えたい方もいるかと思いますが、
歩く頻度が多い箇所は傷みやすいですし、
どうしても木材を使っているので水や湿気には弱く、
水回りは傷みやすい傾向
にあります。

 

歩行に影響が出るような凹みや
ギシギシ音が鳴ってしまう場合はもちろんですが、
色褪せが激しくなってきた場合もリフォームを考えましょう。

 

フローリングの寿命ですが、
約10年〜20年が目安になります。

 

 

フローリングの重ね張り(6帖)

 

一番リーズナブルなフローリングの重ね張り。
既存のフローリングの上に
薄いフローリングを重ね張りするだけなので
費用を抑えられ、簡単に工事することができます。

 

また、床が二重になるので
強度が増すというメリットにもなります。

 

ただし、重ね張りをした分、
床が高くなってしまうということになるので、
微妙な差かもしれませんが、キッチンなどは
使い勝手が悪く感じてしまうこともあります。

 

本体中心価格

約5万円〜10万円

設置工事費用

約2万円〜3万円

合計参考価格

約8万円〜15万円

工事期間

1日〜2日

寿命

10年〜20年

備考

 

 

フローリングの張り替え(6帖)

 

既存のフローリングを撤去して、
新しいフローリングに張り替えます。

 

本体中心価格

約5万円〜10万円

設置工事費用

約5万円〜10万円
養生・既存床材撤去・フローリング張り

合計参考価格

約15万円〜20万円

工事期間

2日〜4日

寿命

10年〜20年

備考

下地、土台の補修が必要な場合、追加費用が必要になります。

 

 

畳からフローリングに交換(6畳の和室)

 

畳と、壁と畳の隙間を埋めている
横木(畳寄せ)を撤去して、フローリング張ります。

 

ただ張り替えるだけでなく、
畳とフローリングには厚みの差があるので、
そこの差を調整する工事が行われますが、
フローリング→フローリングの張り替えと
そこまで値段の差はありません。

 

本体中心価格

約5万円〜10万円

設置工事費用

約5万円〜10万円
養生・既存畳撤去・フローリング張り

合計参考価格

約15万円〜20万円

工事期間

1日〜2日

寿命

10年〜20年

備考

下地、土台の補修が必要な場合、追加費用が必要になります。

 

 

床暖房を後付け(6帖)

 

既存のフローリングに床暖房を後付けする、
比較的簡単なケースを紹介します。

 

電熱線で発熱するシートを張ってから
フローリングを重ね張りする方法です。
(電気式床暖房)

 

重ね張りできるので設置コストは安いですが、
床の位置が高くなってしまう点、
既存のフローリングが断熱タイプではない場合、
効果が下がってしまう点などデメリットもあるので、
しっかり検討した方が良さそうです。

 

電気式のほかには、
ガスなどで加熱した暖房用の温水を
循環させる温水式があります。

 

電気式床暖房の寿命ですが、約20年〜30年です。
ただ、10年を経過したあたりから
故障の報告が多くなっていくように、
10年を超えると故障の確率が上がっていきます。

 

故障の原因不明と言われてしまうこともあるようで、
床下で修理も困難ということを考えれば
少し心配なところではあります。

 

本体中心価格

約20万円〜30万円

設置工事費用

約5万円〜10万円
養生・既存畳撤去・フローリング張り

合計参考価格

約30万円〜40万円

工事期間

1日〜3日

寿命

約20〜30年

備考

下地、土台の補修が必要な場合、追加費用が必要になります。

 

 

 


トップページ 失敗しないリフォームの方法 管理人プロフィール お問い合わせ