見積もりで解決!リフォームの値段と理想のプラン

リフォームの流れ

リフォームをすることを決めたのは良いけど、
どこで業者と打ち合わせをするのか、
いつお金は振り込んだらいいのかなど疑問点もあると思うので、
このページではリフォームの全体的な流れについて解説します。

 

          

 

 1.予算に応じてリフォーム箇所を明確にする

 

後の生活に関わってくる問題なので、

 

(1)予算を決める
    ↓
(2)リフォーム内容を決める

 

と言うスタンスにしましょう。

 

場合によっては
リフォームのランクを落とす
諦める
このようなことも出てくると思います。

 

各リフォームの予算の相場は後のページで解説してますので
参考にしていただくのも良いですが、見積もりを取るのが早いです。

 

また、リフォームにも消費税や不動産所得税など
税金がかかりますので、その辺りも把握しておきましょう。

 

 

 2.リフォーム会社の選定

 

こちらも複数の会社に見積もりを取ることで
どこの会社が安い、対応が良いなど比較することができます。

 

数多くのリフォーム会社がありますから、
任せられる会社かどうか、しっかりと検討しましょう。

 

 

 3.契約

 

リフォームをお願いする会社が決まったら、契約です。
現地調査をしてもらって最終的な見積もりが出ます。
また、契約書の説明もあるはずなので、面倒だとは思いますが、
不明な点がないようにしっかりと担当者に確認しましょう。

 

ここで着手金(前金)として工事費用の
何割か支払うことになる場合があります。

 

 

 4.リフォーム前の準備

 

契約を交わしたら、いよいよリフォーム開始ですが、
その前に、リフォーム開始前の準備も必要です。

 

大がかりなリフォームの場合、
仮住まいが必要な場合がありますし、
家にいることはできてもバスルームをリフォームする場合は
お風呂が使えないことになります。

 

いつまでここが使用できないから、対応はこうするなど、
自分たちに生活の予定も立てておいてください。
近所への挨拶が必要な方は、忘れないようにしましょう。

 

 

 5.リフォーム中の注意 

 

工事中は知らない人たちが出入りしますし、
普段とは違う生活になるので不便ですが、
しっかりとリフォームが進んでいるか
こまめに確認が必要になります。

 

業者の方が都度報告をしてくれれば良いですが、
その日の工事が終われば業者は帰ってしまいますし、
家族の誰かがずっと家にいることも難しいですからね。

 

思い通りのリフォームになっているのかを毎日確認して、
気づいた点があれば担当者・責任者に連絡をしてください。

 

あとは、工程の確認も大事ですし、
いつまでゴミを置いとくのかなど、
細かい確認も都度するようにしてください。

 

 

 6.工事終了後の検査

 

最終的に担当者と一緒に確認作業です。

 

使いにくい箇所はないのか、
設置したものが問題なく動作するのか
一つ一つ丁寧に確認
するようにしましょう。
保証書の内容もしっかり説明してもらいましょう。

 

 

全ての工事が終了したら、
7.工事費用支払い

 

 

近所への挨拶が必要な場合は、
8.リフォーム終了の挨拶

 

これで全ての工程が終了となります。

 

 

ストレスの少ないリフォームに

 

このように、全体の流れを頭の中に入れておくことで、
リフォーム中やリフォーム前後の行動も取りやすくなります。
もちろん、都度対応しないといけないこともありますが、
流れを理解していないと後手後手の対応に
なってしまう可能性も高くなってしまいます。

 

新しくなる住まいへの期待だけではなく、
しっかりリフォーム終了までの過程をイメージして
ストレスの少ないリフォームにしたいですね。


トップページ 失敗しないリフォームの方法 管理人プロフィール お問い合わせ